千葉

千葉の新ブランド

千葉県では、県内で行われている農業や畜産業などの産業を保護し、より高品質な食材の生産を推進するために新たな試みを行っています。そのひとつが、「ふるさと認証食品」というブランディング戦略です。

 

ふるさと認証食品とは決められた要件をクリアした食品にのみ付与される認証制度です。主な要件としては、食品のメインとなる原料が千葉県の農産物であること、千葉県で作られていること、表示が適切に行われていること、高品質であること、などがあります。

 

ふるさと認証食品に認定されると、認証マークをパッケージなどに表示することが認められますので、消費者はそのマークの付いている食品については安心して購入することができます。認証期間は3年とされていて、期間が終了すると新たに認証試験を受け、認証を継続することが可能です。

 

認証の対象は36品目とされ、豆腐やお餅、パン、麺類、ハムやベーコン・ソーセージなどの加工食品、アイスクリームやプリン、牛乳、おまんじゅう、ワインやビール、清酒、ジュース、お漬物など多岐にわたります。

 

また、ふるさと認証食品のなかでも原料がある特定の品種であったり、特定の作り方が採用されていたりするものについては、「ふるさと認証食品プレミアム」という認証が別途付与されます。こちらについても、豆腐や漬物、ジャム、お餅、加工食品、アイスクリームやおせんべいなどがラインナップされていて、より高品質な食品としてブランディングされています。


風俗千葉デリヘルスタイル

千葉風俗デリヘル情報!船橋・松戸・柏・成田など、千葉県全域の優良店を厳選紹介!
www.fuzoku-chiba49.com/


かつて川口を発展させたの産業

川口の伝統的な産業といえば鋳物業と植木が有名です。これは川口の恵まれた立地がもたらした成果でもあります。この地は江戸時代では徳川家によって積極的な都市開発がなされました。それは広大な平野と荒川水系などの恩恵による豊かな水源の確保が可能であったこと、何よりも江戸の近郊に位置していたので、幕府としては関東一帯を掌握するための重要なキーステーションと考えていたからです。ですから早くからレベルの高い土木工事や水路設備工事が行われ、農業にも工業にも良い条件が整えられてきました。

 

幕末になるとそれまでの鍋・釜だけでなく武器の製造もこの地で盛んに行われる様になりました。鋳物技術はより洗練され、町全体が発展をする原動力になったのです。明治に入り埼玉県で最大の産業都市として発展し、西部の根岸や前川の地域では綿織物業も発展しました。しかしオイルショック以後はこれら産業も低迷期に入りました。しかし東京近郊というメリットがあったために、現在は産業の街から住宅地として栄える様になったのです。もちろん今でも釣竿の生産や有名な味噌の醸造所もあり、多くの雇用を生み出しています。

 

また、農業は古くからの主要産業でした。荒川水系の恵みで良質な稲や野菜を生産してきましたが、第二次世界大戦からは苗木や植木の需要が急激に伸びた事を受けて、北部の安行・神根地方では植木・苗木・鉢植えの草花などの栽培を行う様になったのです。安行の植木として全国的にも有名になりました。一方稲作については離農が進んで、農地の多くが新興住宅として地域住民の増加の受け皿になっています。